iPhone6ケースの修理は簡単なの?

iPhone6ケースは使っている人が多い分、いろいろな種類のものがあります。素材もいろいろあり、ラバー、プラスチック、メタル、レザー、布系のものなどたくさんの中から選ぶことができます。こういった素材によって、かなり使用感が出るか出ないかが変わってきます。やはりラバーや布系の素材だと黒ずんできたりしやすいです。また、プラスチックやメタルなどだとあまり使用感が出ず、買った時と同じ状態のまま使い続けることができます。スマートフォンケースは毎日触るものなので、そういった割れや破れなども結構生じやすいものです。あまり手間をかけずに、日々お手入れをしておくと長持ちさせることができます。iPhone6ケースをずっと綺麗に使うには何に気をつければいいのでしょうか。

汚れにくい素材のものを選ぶのがおすすめ

iPhone6ケースはいろいろな素材のものがありますが、まずファーや芝生の素材などの特殊素材のものは汚れやすいです。例えば短い季節限定で使うには可愛くていいですが、オールシーズン通して使うと使用感が出てきます。また、ぷよぷよとしたシリコンのケースも破れてしまうことが多いです。端から破れてしまったりすると、もう修理もできないのでよく落としたりする人にはおすすめしません。また、プラスチックのものについても落としたり衝撃を受けるとすぐ割れてしまうことがあります。メタルやレザーなどの素材は汚れにくく、割れたりもしにくいので長持ちしやすいです。スマートフォンケースは購入する前にデザインだけでなく、長く綺麗に使える素材かどうかという点も考慮しておきましょう。

修理できるスマートフォンケースもある

普通のシリコンやプラスチックなどのリーズナブルなケースはほとんどが修理することはできず、そのまま買い替える人が多いです。しかし、ブランドのものなどであれば修理に出せるものもあります。例えばルイヴィトンやシャネルなどで販売されているレザーのケースなどはショップに持っていけば修理やケアをしてくれることもあります。やはりその辺りは値段なり、という感じですね。また、スマートフォンケースは毎日肌身離さず朝から夜まで使うものなので複数個を交代しながら使うのもおすすめです。お気に入りのもので、修理できない素材のものの場合は2個買っておくという人も実は珍しくありません。自分の気に入ったスマートフォンケースをつけて、日々のスマートフォンライフを楽しみましょう。