お気に入りのiPhone6ケースを長持ちさせよう

iPhone6は世間で大ブームになっているスマートフォンです。大勢の利用者が愛用しているため、アクセサリー類もたくさん販売されています。6世代専用のケースも数多く販売されており、大事な本体を守るためにと、本体購入と同時に専用ケースを買う人々もいます。購入した後、即座に専用ケースを付ければ新品同様のまま、スマートフォンを使い続けられます。耐衝撃性やファッション性に長けた専用ケースがあります。また本格的な革でデザインされた服飾小物のようなケースもあれば、手帳型やシリコン型のケースもあります。大手ファッションブランドがリリースする満足感が高いスタイリッシュな製品もあり、各々が自分のセンスに合った専用ケースを着用し、ダメージから大事なスマートフォンを保護しています。

iPhone6ケースを長持ちさせるためには充電場所に注意

スマートフォンのアクセサリー類は消耗品的な部分があります。タッチペンや画面を保護するフィルムなどは、ある程度、傷んできたら、買い換えなければいけません。しかし、iPhone6ケースは耐久力に優れたアクセサリーです。大事に愛用すれば、スマートフォンの買い替え時が来るまで、綺麗な状態で使い続けられます。ケースのタイプによって、長持ちさせるコツは微妙に異なります。しかし、基本的なポイントはiPhone6ケースの素材に関係なく共通しています。例えば、どのケースの素材も、激しい日光には弱いです。ケースを装着した状態のスマートフォンを、太陽光が降り注ぐ窓際に置くのはNGです。無意識的に窓際に充電スタンドを置いてしまっている方々は案外多いようですので、設置場所には気をつけたいところです。シリコン素材の物は太陽光で溶けてしまったり、変色します。本皮のケースもまた太陽光で日焼けしてしまい、素材が傷んでしまうので要注意です。

ケースの表面を拭き取る時も、注意が要ります

iPhone6ケースは耐衝撃性に優れていますが、太陽光同様に水にも弱いです。雨水や雪が本体にたくさん付着してしまった時は、出来る限り早く本体に付いた水分を取り除きましょう。タオルで簡単に拭き取るだけでOKです。水濡れを放置すると、ケースが変色してしまったり、痛みが進行しやすくなったり、破けや破損の原因となりますので、要注意です。ケースを綺麗にしようと、洗剤を付けたタオルで表面を拭き取る方々がいますが、素材によってはむしろ逆効果になります。シリコンやプラスチックや革などは、洗剤に含まれる薬品の成分に弱いです。除菌アルコールの濡れティッシュなども要注意、下手に薬品を含む素材で拭き取ると、返って劣化させてしまいますので、ケースの表面を綺麗にしたい時は、乾いた普通の布を使うのがオススメです。