iPhone6ケースが壊れたそんな時は

まずはあせって取り外さないようにお願いします。さらに壊れ方をひどくさせてしまうこともあります。どうしてもはずさないとかっこ悪いという状況でない限りは、次のケースを購入するか、iPhone6ケースを修理するまではひとまずそのまま使用してiPhone6を保護して起きましょう。はずすときに勢いあまってiPhone6のガラス液晶を割ってしまいますと眼も当てられない状況になってしまいます。iPhone6ケース自体を買い換えたい人は先々も見据えてサイズの変わらないiPhone7ケースバンパータイプを購入されることをお勧めします。iPhone自体の買い替えの際も余計なコストが発生せずにすみます。iPhone6とiPhone7はカメラ位置だけが少し異なりますので、バンパータイプ以外ですとカメラにケースが接触する作りになっています。

iPhone6背面ケースが割れた場合の修理方法

自分自身で交換するには難易度が高いですが、いまでは交換用のパーツがネットで購入できます。費用も業者に頼むよりはるかに安く仕上がります。プライバシーが覗かれる心配のないので自分で作業を進めたいという方はぜひトライしてみてください。まずは電源ボタンを長押しして電源を切ります。その後Lightningコネクタ両側のネジを外します。この際、星型の特殊なペンタローブというねじが必要になりますので、必要な工具をネットで取り揃えてからにしましょう。不用意に違うドライバを差し込むと、うっかりねじ穴をつぶしてしまいます。次に、フロントパネルを吸盤などで持ち上げていきます。カードが差し込めるくらい持ち上げることができた際にカードを挟みこんでいくと安心して作業をすることができます。その後フロントパネル上部のつめをはずします。

フロントパネルをはずした後の工程

ケーブルや固定版をはずしていきます。液晶画面、デジタイザ、ロジックボードにも接続されていますので慎重に作業しましょう。+00番、+0番どちらかのドライバでほとんどのネジははずせます。その後、バッテリーコネクタを取り外し、Lightningコネクタケーブルもあわせて取り外します。スピーカーを取り外した後には、再びLightningコネクタケーブルが現れますので、こちらを取り外します。バッテリーを取り外します。ここでようやく半分です。その後SIMカードを取り外し、バックカメラ、ロジックボードの順に取り外します。電源・スリープボタンを外したら後一息です。ボリューム・マナーボタンを外し、SIMイジェクト部品をはずせば、iPhone6ケース背面を完全に取り外すことができます。購入したパーツに乗せかえることで、iPhone6ケースの背面が新品へと生まれ変わります。

JR久宝寺駅徒歩19分大阪物流センター内に支社あり フジテレビ「めざましテレビ」内のトレンド情報コーナーにてミラー付きiPhoneケースが紹介されました コンパクトミラー・スタンド機能搭載の女性向け手帳型スマホケースもご用意しております。 ゴールド・シルバーなど箔押しのメタリックプリントでiPhoneを美しくキラキラ輝かせたい女性に! 選べるデザイン900種類以上のミラー付スマホケース オシャレなiPhone6ケースをお探しの方は【コラボーン】で